ヴィエイユ・ヴィーニュ ブラン

グルナッシュ・ブラン90%、グルナッシュ・グリ10%。「マ・ファリーヌ」地区の、敷地内では最も古い古木(樹齢100年以上)のブドウを用いて作られる。これに、様々な品種を合わせて植えた畑から集められた古木のグルナッシュ・グリを合わせる。標高200~400mに位置する粘土・石灰質の土壌は、ほとんどが北向きか西向きの斜面である。収穫においては、熟した果実の味わいが身上ながら、フレッシュさと渇きをいやすような飲みやすさも残せるよう、その時期を決定する。手摘みされた果実は冷蔵車で搬送。房ごと空気圧式圧搾機にかけ、低圧でプレスする。グルナッシュ・ブランはステンレスタンクで、グルナッシュ・グリは古樽で、定期的に棹で撹拌(バトナージュ)しながら長期醗酵させる。滓と共に寝かせ5~8か月熟成。コラージュ と濾過の後、春にボトル詰め。ふくよかで力強く、辛口でありながら他に例を見ない甘みのバランスを呈する。ボトル詰め直後はおいしく飲めるが、その後一時閉じる ものの、収穫から3~6年の熟成を経て偉大なるワインの真価を発揮する。